2010年12月12日

アンティークレースを探しにイギリスへ! その2・ポートベロー

イギリス買い付けの旅3日目。
前日のロンドン市内にあったはずのレースショップも現代家具の店に変っていてがっかりだったので、ポートベローのマーケットに期待をかけます。

しかし天気予報では雨雨
もし雨なら露店のアンティークレースは出ません。
不安で眠れぬ夜を・・・過ごすほど繊細ではない二人はぐっすり熟睡して翌日に備え・・・
目が覚めたらなんと良い天気ではありませんかexclamation×2

一番乗りの勢いでポートベローに向かい、タクシーを降りると目の前に待望のアンティークレースの露店がハートたち(複数ハート)


IMG_0793.JPG


そして常設の建物の中にもアンティークレースやファブリックのショップが数軒あり、
素敵なアンティークレースの数々にうっとり・・・黒ハート
ここでは私の布花コサージュ作りに必要な繊細な細いレースや、見てるだけで嬉しくなる可愛いベビードレス、襟レースやボレロ、ショール、アンティークカードなど沢山の買い付けが出来ました。

アンティークレースのほかにも素敵なアンティークのブローチや、ロイヤルアルバートのオールドカントリローズのコーヒーカップなどを購入。
露店の食べ物も珍しいものがいっぱい。
めちゃくちゃ甘そうなケーキや焼き菓子、大鍋でグツグツ煮られているシチューやパエリャ、アラブ系のおじさんが作っているなんだか正体不明のスープなどなど。

お腹がすいたので、でっかいキッシュと熱々の豆を煮込んだスープをゲットしてホテルへ。
ちょっと不安だった、この豆のスープがとっても美味しくて、食べ物は高い割りにイマイチのイギリスでの食事の中では一番のヒットでしたるんるん


午後からの楽しみはコペントガーデンのマーケット。
ここには曜日別にいろいろなハンドメイドのお店や大道芸が楽しめます。
ロンドン名物の2階建てバスに乗って出かけました。

IMG_0804.JPG

posted by victorianrose at 12:44| Comment(0) | 買い付けの旅

2010年12月10日

アンティークレースを探しにイギリスへ!
その1・バース

2010年初冬のイギリスにアンティークレースを探しに行ってきました。
旅の道連れは昔から一緒にハンドメイドの仕事を楽しんでいる相棒です。
この二人なら絶対ドタバタコメディ道中になること間違いなし。
なにしろ、二人ともほとんど英語が解らないんですから わーい(嬉しい顔)
まず最初に行くのはアンティークの街として名高いバース。
ロンドンのパディントン駅 ( おおー exclamation キングス・クロス駅ではないけど、なんとなくハリーポッターの世界 exclamation×2 とちょっと感動 揺れるハート ) から列車で約1時間半の旅です。
友人が以前行った事のある素敵なアンティークレースのショップめざしていざ出発です るんるん

IMG_0784.JPG



ところが・・・まず足を運んだバートレット・ストリート・アンティークセンターではレースショップがあった場所が銀食器の店に変っていました。 
地下にあるショップに少しだけレースがあったので、とりあえずその中から気に入ったものを数点買い、次のアンティークセンターへ。

地図を片手に歩く歩く・・・見つからない・・・。
片言の英語力を駆使して ( と言うより地図を見せて、ここ!と指差す ) 道行く人に聞きまわるがたどり着かない。

途中露店で花屋さんを見つけて、可愛い木の実のリースに疲れも癒され、ちょっとパチリ カメラ

IMG_0787.JPG

そのとき郵便配達のお兄さんを見かけたので、これ幸いと地図を差し出すと・・・なんとお目当てのアンティークセンターはかなり前にクローズだって バッド(下向き矢印)

いや、でもあと1軒、橋のたもとに素敵なレースショップがあるから、そこへ行こう!
と気を取り直してまた歩く歩く・・・ついに見つけました exclamationレースショップ!
・・・ではなくてタイルのお店 がく〜(落胆した顔)
どうやらここも廃業したらしく・・・。 

疲れはてて列車でロンドンへ戻りました もうやだ〜(悲しい顔)

初日から暗雲漂う買い付けの旅・・・いやいや、まだ一日目、明日はロンドン市内にあるレースとファブリックのお店に行く予定だから!
と気を取り直して窓から景色を眺めようとしたら、まだ4時過ぎなのに、みるみるあたりは真っ暗に!
イギリスの冬はあっという間に夜になるのでした。
イギリスでもつるべ落としというのかな?
言わないよねえ。

posted by victorianrose at 03:28| Comment(0) | 買い付けの旅

スポンサードリンク

プライバシーポリシー